アコムの契約変更について

キャッシングは、一度契約を行うと、最後まで変更が行われないというものではありません。
様々な理由で、その契約の中身などが、変更されることは、よく起こりうることです。
変更内容や、その理由については、キャッシング会社やその商品内容、契約者によって異なってきます。
ここでは、アコムの契約の変更について考えてみましょう。

アコムのキャッシングの契約変更については、大きく分けると2通りの種類があります。
ひとつは契約の「属性」の変更であり、もうひとつは契約内容「自体」の変更です。

契約の「属性」の変更とは、債権者(ここではアコム)や債務者(借入者)の属性が変更されることです。
とはいっても、アコム自体は、変わることは考えにくいので、多くは債務者側の属性が変更されることといってよいでしょう。
債務者の「属性」の変更とは、債務者の氏名などが変わる他、債務者自体が変更されることも含みます。

主に女性の方が、結婚されると氏名が変わりますので、これは「属性」の変更にあたります。
また、債務者が亡くなられて、遺族が相続を行うと、債務者自体が変わることになります。
このような場合には、契約変更の手続きが必要になってきます。

契約内容「自体」の変更とは、契約の内容、金利や貸出上限額が変更されることです。
この中には、貸出をストップする「利用停止」も含まれています。
多くの場合には、当初の契約内容に明記されています。

アコムのキャッシングを契約する際には、このような契約変更の内容にも、十分に注意するとともに、アコムからの案内や通知にも注意しておくようにしましょう。