クレジットでお金を借りるメリット・デメリット

クレジットカードにキャッシング枠を付けていれば、カードローンのようにお金を借りることもできます。ただ、主な利用方法がショッピングの立替払いの用途であり、ショッピング限度額の中にキャッシング枠が設定されるので、多額のお金を借りるには向いていないことがあります。カードローンに申し込みをするまもなく、緊急で少額のお金を借りるのであれば、ATMから口座から出金する感覚で借入できますので、とても便利でしょう。

クレジットカードでお金を借りるメリットは、手間もかからずに借入できることです。特に海外に出張や旅行に出かけて、チップに必要な少額の現地通貨を入手したい時に役立つでしょう。ATMの手数料がかかっても、両替するより安価に済むことがありますし、待ち時間も少なく外貨を調達することができます。手持ちのクレジットカードと提携している国際ブランドのロゴマークが付いていれば、銀行や空港、駅のATMでキャッシングができます。

クレジットカードのデメリットは、カードローンに比べて金利が18%前後と高くなっています。また、クレジットカードのショッピング利用の分割手数料よりも高いことも多いです。クレジットカードのキャッシングは、締め日の翌月に一括返済をするのが原則で、一括返済が難しい場合は、リボ払いとなり手数料がさらにかかることがあります。

しかし、利息や手数料を軽減する方法もあります。直営のATMがある場合は、随時返済をして支払い期間を短縮することも可能になりますし、クレジットカード会社によっては、電話連絡をして、早めに所定の口座に振り込むことで事前の返済をすることもできます。一括返済をする場合でも、返済日が到来する前に事前支払いができれば、総支払額が少なくなる可能性もあります。キャッシングの利息が日割り計算でつくので、早めに返済をすることで利息を軽減することが可能になる場合もあるのです。
http://www.netlabelreview.com/