総量規制外のカードローンランキング

総量規制とは、貸金業法に定める融資金額を規制するものです。内容としては原則、年収の3分の1までとするものであり、これ以上の融資限度額を設定することができません。また50万円以上や他社と合わせて100万円以上の借入をする場合には所得証明をしなければなりません。このためお金を借り入れるさいのハードルとなっています。
一方で、これらは総量規制は貸金業法にしかないもので、貸金業者を対象としています。つまり消費者金融のカードローンは総量規制の対象となりますが、銀行や信用金庫などが提供しているカードローンは総量規制外になります。

総量規制外のカードローンを提供しているところとしては、三菱東京UFJ銀行のバンクイックや、新生銀行のレイクなどがあります。また各種銀行が提供しているものも総量規制外となっています。ただし総量規制外といっても実際に借入できる金額は年収の3分の1以下というのが現実ですが、総量規制外のメリットとして所得証明の提出に決まりがないことです。このため多くの銀行では借入が300万円を超えるといった場合を除けば所得証明を用意する必要がありません。

ランキングで良く評価されているものとしては、オリックス銀行、新生銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行などが知られます。また地方銀行ではローン事業に力を入れている静岡銀行なども人気ですし、ネット銀行でも同様のサービスを提供しているところが増えています。